ヘキサチューブ TOP > 樹種別事例 > ブナ

ブナ   

栃木県今市市霧降高原 
 
 成長したブナ    
高知県大川村  
   

ブナ ブナ科(Fagus crenata Bl.)

温帯の広葉樹を代表する落葉高木。
温帯の肥沃な土壌に群生し、蛇紋岩地域のようなやせ地には生育しない。
本州中部では標高600ないし700mから1500m
くらいまでに生育し、北上するほど低いところで見られるようになる。
ブナ林のA0層は非常に深く、
特に植栽するときには植え穴の中に落葉落枝が入らないように注意しなければならない。
成長は比較的遅く、チューブを被せても目を見張るほどの成長はみられない。
材の用途は広く、器具、家具のほか合板、船舶などに用いられる。

ブナ葉スケッチ