ヘキサチューブ TOP >保安林改良用チューブ>
8.育林費用比較
コストとは何でしょうか?

目的を達成するためにかかる費用のことです。
目的が達成できない場合、コストが高い・安いを議論しても
全く意味がありません。
目的の実現性を無視し、単に高い・安いとのみ論じられるケースがままあります。
コストとは何か、これを各自が十分に理解する必要があるように思います。
公共事業の場合は尚更でしょう。

ここでは、植生保護管「ヘキサチューブ」を様々なシーンで活用した場合の
コスト比較をご紹介しようと思います。
植生保護管「ヘキサチューブ」のもつ機能を活かせば、
目的を達成することができます。
そして、その目的を達成するためにかかる費用(コスト)を削減できます。
ここで言う目的とは、単に苗木を植えることだけではありません。
周辺の植生を除去することなく、植えた苗木を早期にかつ確実に大きくすることです。
植生保護管「ヘキサチューブ」はその目的達成にかかるコストを大幅に削減する技術なのです。
不成績造林地
食害を受けた
苗木を活かす
不成績造林地
補植した苗木
を保護する
海岸防災林造成 4年で4M の樹帯
を作るために
従来造林法との
費用比較表