ヘキサチューブ TOP > 災害地早期緑化事例

不成績造林地

野生動物の食害、潮風・飛砂の害、寒風害・乾燥害・・・・
これらの理由で不成績造林地になっている箇所は数え切れません。

シカの食害による不成績造林地は、近年クローズアップされつつある事項であり、その被害は深刻です。
苗木の梢を齧るシカ、葉全体をしごき苗を丸坊主にするシカ、苗ごと引き抜いてしまうシカ・・・
周辺植生も食べつくし丸裸になっているケースも良く聞きます。

柵などで対策を施しても徹底しない場合、放置(天然更新管理地と名前が変わる場合もありますが)されます。
このような不成績造林地ですが、支出し成果が得られないと言うあり得ないケースが多く見られ、
担当者、山主さんは頭を抱えているのが現状です。

そのような不成績造林地を早期に緑化(森林化)するには、ヘキサチューブが一番適しています。