ヘキサチューブ TOP > 1.海岸林用チューブとは > 設置例


海岸林活用例

海岸防風地 海岸砂地植栽
2008年 秋田県潟上市 保安林改良事業 2010年07月
2009年 石川県加賀市黒崎 保安林改良事業 2010年06月
2009年 東京都八丈町 植樹  2009年09月
2004年 島根県浜田市 保安林改良事業 2004年05月
2001年 御前崎市 海岸砂地緑化 2004年05月
2000年 京丹後市 間人 海岸植栽 2003年12月
2002年 鳥取県鳥取市彦名干拓地 防風林造成 比較試験地 2005年06月

事例紹介予定

◎石川県加賀市(石川森林管理署管内国有林 ハイトカルチャ試験地)
強風により砂が堆積しているにも関わらず大きく育つクロマツ
冬季の季節風は凄まじく、砂の移動も厳しい。
過去、治山による植栽が行なわれた場所だが、
植栽木は砂に埋もれたり、
風・塩を浴びたりで全く育たない。

ヘキサチューブの基礎的データを得るため、
最も厳しい環境の一つと考えられる当地を石川森林管理署から借り受け、
1996年に試験を開始した。

ヘキサチューブを被せなかった対照木は植栽後1年で消滅。
(砂による埋没、潮風・飛砂による枯死、風による乾燥枯死等)

それに対し、ヘキサチューブを設置した苗木は非常に高い活着率を見せた。
その後、チューブ設置区でも枯死が増え、50%以上の生存率で安定している。
◎東京都八丈島
◎秋田県能代市 ◎静岡県御前崎町


ヘキサチューブ TOP