ヘキサチューブ TOP > 樹種別事例 > コナラ

コナラ   

兵庫県青垣町  
10年経過 
大阪府能勢町  
 
2011年10月24日撮影 
兵庫県篠山市 
2年経過 

 

コナラQuerucus serratta Thunb.)

北海道・本州・四国・九州の冷温帯下部・暖温帯の二次林を形成する落葉高木。適潤肥沃な場所が適地。乾燥したせき悪地の土壌に耐えるが、成長は著しく不良になる。陽樹なので陽光不足にならないように注意が必要である。
2〜3年の大苗の方が活着および生育がよい。
植付は開芽前の2月下旬から3月下旬が良く、遅くなると活着率は低下しやすい。材は灰白色、心材は淡褐色である。
薪炭材やシイタケの原木として利用されるが、家具材・器具材としても利用される。
 

コナラ葉スケッチ