ヘキサチューブ TOP > 6大都市県実施事例 > 大阪府 > 能勢町①倉垣 保安林改良事業


保安林改良事業


平成16年度 大阪府能勢町倉垣 保安林改良事業

植栽データ 2005年3月 クヌギ 植栽
(植栽時樹高 50cm  推定)

保安林改良事業
マツクイ跡地
1,000本/haの植栽密度(チューブ法)
ヘキサチューブH-4(180cm)使用
マップ
2005年5月18日
2005年8月18日
2005年3月に植栽した樹高50cm(推定)のクヌギがチューブ高(180cm)を超えて成長したものが見られる。
また、平均樹高は140cm程度であり、チューブの成長促進効果が十分発揮された現場となっている。
当然ながら、当年の下刈りは不要であり、今後も行う必要は全くない。
また、活着率については100%を誇っている。
良いポット苗の活用、正しい植栽、ヘキサチューブの活用が功を奏した。

ヘキサチューブ TOP

6大都市県実施事例

大阪府