ヘキサチューブ TOP > 海外事例 > 韓国進出への道


ヘキサチューブ 韓国進出への道


昨年(2005年)夏、ヘキサチューブに興味を持たれたチェさんとその弟さん、パクさん
が来日。その際、関西のヘキサチューブの現場を案内しました

チェさんは韓国テグ市の緑化工事・資材販売会社の社長さん。

その後、ヘキサチューブ韓国進出への旅が始まりました。


関連項目:「セラミック挿木苗」「高知県馬路村ヤナセダム 湛水地緑化「ダム湖畔林造成技術」

2005年 韓国の林野庁にあたる場所は? 山林庁(KOREA FOREST SERVICE)
韓国で主に植えられる樹種 アカマツが植栽樹種のメイン
シカの食害 チェさん側の説明では、シカの食害はあまり深刻ではない模様
韓国のシカは4種類(うち1種はニホンシカ・・・ただし野生ではもう見られない)
Deer Spotting at Dusk and Dawn
マツクイムシ マツクイムシは韓国でも当然発生している
日本では枯死しても放置している場所が目立つが、韓国では1本でも枯れると周りの木を含めて伐採し、被害の拡大
を防ぐと言う。能勢、亀岡あたりのマツクイムシの被害木が放置されているのを見て、信じられないという様子であった。
山火事 韓国では頻繁に山火事が発生していると言う
乾燥した気象条件に加え、アカマツ林が多くをしめることから発生しているのか・・・
アカマツの葉は非常に燃えやすく、注意が必要である
案内した現場 大阪府能勢町山辺 大阪府能勢町倉垣 兵庫県猪名川町大野 大阪府泉佐野市土丸(ハイトカルチャ試験地)
大阪府山辺、倉垣、泉佐野市土丸でヘキサチューブの基本性能(活着、成長)を知っていただいた。
アカマツに使用した現場を見てみたいとのリクエストがあり、猪名川町まで足を運んだ。
現在の商談状況 営業方法等について現在打合せしています
韓国内でチューブの説明をされたそうですが、評判は上々のようです
試験植栽 導入にあたり、試験的な使用が検討されています。
今のところ、海岸での防風林造成地、山火事跡地の緑化に使用する予定です。
2006年 契約締結 セラミックによる挿木苗生産技術移転契約を締結しました。
ヘキサチューブの販売に向けての技術協力に関する契約を締結しました。
訪韓 11月 契約締結に伴い、ハイト社営業マンと技術員が訪韓。
海岸、ダム湖等を視察。
セラミック苗技術移転に関する打ち合わせ、ヘキサチューブ試験導入地の選定に関する打ち合わせを行なう。
浦項(ポハン)海岸林造成地

日本も韓国も問題は同じ。
苗木、植栽技術が最大のネック。
折角の防風柵だが、クロマツの根の
障害により役に立っていない
 
防風・防潮柵で保護された幼齢クロマツ 成績は良くない 潮・風が原因ではなく
根の障害による枯死
Yeonchonダム湖

Korean Waterが管理するダム湖。
ヤナセダム同様、水位の上下あり。
裸地の緑化提案をしたいとの希望。
その点を踏まえ、当ダムを視察。


ダム湖の様子
当然、水辺の植生は無い
自生するヤナギ
水辺から離れると植生が見られる
タチヤナギの一種だろうが、
品種までは解らない
技術移転の打ち合わせ 韓国内での実績作りのため、ダム湛水地の緑化試験地を設けること。
ヘキサチューブ及びセラミック苗を使用し成果を挙げること。
これにより、技術指導を行なうことで合意する。
訪韓 12月 上記合意事項を踏まえ、セラミック苗の生産技術移転を開始。
圃場の構築、セラミック苗の生産指導を行なう

(秘密事項を含むので写真はお見せできません)
2007年 訪韓 4月 昨年12月に挿木した苗木ですが、無事に活着。
そのセラミック苗とヘキサチューブを使い、韓国国内のダム湖畔林(湛水地)での緑化試験を行うことになる。

安東(アンドン)ダムの湛水地緑化試験施工地実施のため訪韓。
12月の訪韓時に挿木した、ヤナギの挿木苗を、ダム貯水湖周辺に試験植栽。(現地 KOREA WATER担当役人立会い)
植栽後、水位の上下のため、植栽木は水に浸かる時期があるのは、日本のヤナセダムと同じ。
セラ挿木苗とヘキサチューブによるチューブ法が緑化には必死の現場で、試験には韓国側も気合が入る。
生産したセラ挿木苗(ヤナギ)の運び出し 植栽地はこんな場所
一定期間水に浸かる場所です
セラ挿木苗とチューブ
(写真はKOREA WATER 担当)
セラミック苗の植栽風景 植栽したセラミック苗(ヤナギ) 植栽・ヘキサチューブの設置完了
12月
写真は韓国の朴さんから提供。
現場は水に浸かっています。
中の苗木がどうなっているか心配なところ。
2008年 5月 写真は韓国の朴さんから提供。
無事に一年経過しました。
チューブから出て成長するものもあります。

チューブは頭まで泥を被り、
チューブ高(140cm)まで水位が上がったこと示します。
2009年 7月
写真は韓国の朴さんから提供。
大半のヤナギがチューブから出て成長しました。
水に長期間浸かるダム湖班林での実験としては大成功です。
写真は韓国の朴さんから提供。
一番勢いの良いのはこんな感じ。
現地でも無理ではないかと思われていた、ダム湖半林(ダム湛水地)の緑化について、その試験は成功した。
この試験を踏まえ、韓国側では、当地での成功の状況を写真に撮り、パンフレットに仕立てて、宣伝活動を開始している。
To be continued.

ヘキサチューブ TOP

海外事例