ヘキサチューブ TOP > 効果とコンセプト > シカ等の食害地
シカ等の食害地
 野生動物との共存

ヘキサチューブとは、イギリスで開発されたツリーシェルターを参考に、日本の山の急斜面に合うように工夫された、
六角形の乳白色やオレンジのプラスチック製の筒です。これを植栽木にかぶせますと、『魔法の筒』となり様々な効果がもたらされ、
保育管理の工程が大幅に削減され、トータルコストが低減できます。

●シカなどの野生動物による食害を完璧に防ぎます。
●成育不良苗木に被せれば、その苗木の再活用が可能です。苗木が成育不良であった期間、すなわち、失われた時間を取り戻せます。
●ミニ温室効果により植栽木の成長を驚くほど早めます。また苗木の活着率が非常に高くなります。
●下刈りは原則的に不要です。誤伐も防ぎます。
●食害・寒風害・塩風害や落石・飛砂から苗木を守り、植栽直後の苗木の乾燥枯れを防ぐと共に、植栽本数を大幅に少なくできます。
●ヘキサチューブは野生動物と共存します

チューブ法は画期的な技術です。
・野生動物と共存しながら、植栽木を守り
・植栽本数を減らして1本1本大事に育て
・植栽後の管理を少なくし、成林までにかかるトータルコストを著しく軽減します。
ヘキサチューブを被せることが保育管理です。

ヘキサチューブ TOP

効果とコンセプト