ヘキサチューブ TOP > 良くある質問 > シカ防護柵を成功させるために


シカ防護柵を成功させるために


B.シカ柵で成功するために

1.防護柵のシステムを維持すべき期間

①植栽木を食害から守るためには、長期間の柵のシステム維持が必要です。
 その期間とは、植栽木の成長状況と深い関係がありますが、最低でも7年の耐久性は
 必要なようです。
 また、その後の幹剥ぎの防止も兼ねるのであれば、更なる期間のシステム維持を
 心がけねばなりません。

(参考資料)


2.メンテナンスの実施

 1.防護柵のシステムを維持すべき期間で、
 最低でも7年のシステム維持が必要なことを明らかにしました。
 システム維持に必要な注意事項は、前項で述べました。
 以下に表にしてみます。


これだけの知識・準備があれば、防護柵の効果が十分に期待できます。

ヘキサチューブ TOP

良くある質問