ヘキサチューブ TOP > 植栽木の鹿害防止に関する国際シンポジウム(1997)


「植栽木の鹿害防止に関する国際シンポジウム」
    
-野生動物と林業の共存を求めて-

□基調講演  
1.哺乳類による森林被害の動向と現状  三浦慎吾
2.イギリスにおける造林の問題点と対応策 DR.Peter Savil
□話題提供  
1.イギリスにおけるツリーシェルター開発の歴史と展開及び使用状況 Gary Kerr
2.日本における森林の更新に対するツリーシェルターの有効理由についての考察 DR.Peter Savil
3.アメリカ合衆国東部における広葉樹の更新に対するシカ害を減らすためのツリーシェルターその他の方法 Dr.G.W.Miller
4.チューブ法によるシカの食害防止について 中村誠幹
5.ニホンカモシカ、ニホンジカによる林業被害とその防除 高柳敦
6.ヘキサチューブの有効性と普及について 本城尚正
□質疑応答  
英文(オリジナル原稿)  


*1997年12月3日に開催されたシカ害に関する国際シンポジウムの報告書内容です。
海外から招いた報告者による報告は、ツリーシェルターの理解を深めるうえで非常に役に立ちます。