ヘキサチューブ TOP > 製品紹介 > 使用の手引き

ヘキサチューブを効果的にご使用いただくために。
― ご使用の手引き ―

ヘキサチューブの組み立て方

(1)六角形にする。

ヘキサチューブは、折り目がついた二重の板状になっています。

六角形にするために、まず折り目を両側から押して形を整えてください。

折り目は一度起こしてあるので簡単に六角形に整形できます。

(2)折りしろを内側に折りこみ切れ目に差し込む

チューブの上下の端に6枚ある折しろをチューブの内側に折りみます
突起部を差し込み用の切れ目に差し込みます。


もし折り込みを外側に折ってしまうと・・・下図のように成長した苗木が
チューブの上端に当たり、幹が傷ついてしまいます。

×(外に折り込み)

折り込み部は少々ふくらんでおり、このふくらみが苗木を保護しているのです。

(内に折り込み)

(3)リングをヘキサチューブに取り付ける 


リングを2個、つば状に反り返っている方からチューブに差し込み、上下2箇所で固定します。

      リングの取り付け位置・・・端から10〜15p程度の位置 

設置の仕方

(1)支柱の打ち込み

ヘキサチューブ1本あたり2本の杭を使います。
チューブ法は支柱が命です。しっかりと打ち込むことによって、
強風や雪に耐えられるようになります。

@苗木から5〜7cmのところに、支柱杭を立てます。
(通常は斜面に平行に支柱を立てます)

A支柱杭が引っ張ってもぐらぐら動かなくなるまで打ち込んでください。
かならず木槌や金槌を使って打ち込んでください!!
目安としてはヘキサチューブと同じ高さになるくらいです(最低30cm)。
場所によってはそれ以上に深く打ち込むことも必要です。

×杭ぐらぐら・打ち込み不足)(30cmは必ず打ち込む!!)

(2)チューブを苗木にかぶせる

チューブを苗木にかぶせます。
ヘキサチューブに天地はありません。どちらを上にしてもかまいません。

*かぶせる際には、苗木がチューブからはみ出さないようご注意下さい。
(獣が引っ張り出す恐れがあります。)

×(苗木がはみ出している)
*下枝が張って入れにくい場合は、下枝は伐ってください

(3)チューブを支柱に固定する

 固定紐でリングとヘキサチューブを縛り固定します

@固定紐をヘキサチューブとリングの間に差し込みます。
 固定紐は裏表があるので注意してください。
 
(裏表を間違うと紐のストッパーが効きません)

                

A下図のように、固定紐の先端を穴に通して強く引っ張ります。

                

 支柱とリングをしっかり固定してください。

(3)支柱とリングを全て固定紐で縛って完成です
  (縛る箇所は、上部2箇所・下部2箇所で計4箇所)


完成図

                             

チェック

・チューブの折り込み部が上下とも内側に折り込まれていますか

・支柱がぐらぐらしませんか

・リングと支柱がしっかり固定されていませんか
 チューブが上下に簡単に動きませんか

・枝がチューブからはみだしていませんか

ヘキサチューブ TOP

製品紹介