ツリーシェルターを活用した低コスト造林

「伐採・植栽同時方式」 イメージ図

 

主伐→植栽→育林(→間伐→主伐→植栽まで

目標 ○森林の団地化→大面積皆伐
○育林経費の減
○早期成長
○早期主伐
○一般用材の生産(銘木は対象外)
低コスト造林の提案を行っています。

*参考文献 スミリン式造林体系(住友林業フォレストサービス)HP
「低コスト林業の実現で国産材活用をサポート」
低コスト林業への試み ここが低コスト 備考
主伐 1.大面積の皆伐 @最低5〜6ha以上を皆伐
A小規模林の団地化
B小規模森林における施行の共同化・大規模化
・5ha以下の小規模林は全体の70%
・高コストの要因
・団地化により、共通の林道整備、高性能機械の導入可能
残材の有効利用 2.林地残材の回収 @林地残材を回収、有効活用(有価) ・木質チップに加工→発電に利用 等
・林地に何も残さない
植栽までの育林費 3.搬出と同時に植栽 @搬出架線を利用し、植栽道具を林地へ搬入
A林地残材回収と同時に植栽
B地拵えを省く
・時期を選ばず植栽できる苗木が不可欠
4.セラミック苗の選択
C苗のコストは増しますが、植栽効率がUPします。
  ・通常:200本/人・日
  ・セラ:1000本/人・日

D軽く、一度に沢山持ち運び可能
・ポット苗と同等の活着
・土に挿すだけで簡単
・植栽技術が不要・・・誰でも簡単に植えられる
5.夏植え E夏に定着、秋に一伸び、翌春に一気伸び
F主伐後、直ぐに現地植栽でタイムラグ無し
・ポット苗採用が前提
・1〜2成長期間得する *
6.秋植え G秋に定着、冬に休眠、翌春に一気伸び ・1〜2成長期間得する *
7.1500本/ha 植栽 H間伐収入が見込めない今はこの密度がお得 ・近畿局は2000本/ha(保安林)
・成長、品質の良悪は苗木の選択次第で防げる


近畿中国局「2千本/ha 保安林」
本城論文 植栽密度別成長比較

植栽密度の違いが植栽木の成長に及ぼす影響
植栽後の育林費 8.ハイトシェルターS
の導入
I動物の食害はこれで防ぐ
J成長が更にUPで下刈り不要
・2000本/haなら防護柵とコスト同等
9.下刈り K下刈りはほどほどに ・成長の良いセラミック苗
・成長を助けるハイトシェルターS
・シカの侵入を下草で阻む
10.除・間伐 L2000本/haなので除・間伐回数減 ・間伐材が売れない時代、除間伐回数は少ない方が良い
主伐 1.大面積の皆伐 @最低5〜6ha以上を皆伐
A小規模林の団地化
B小規模森林における施行の共同化・大規模化
・5ha以下の小規模林は全体の70%
・高コストの要因
・団地化により、共通の林道整備、高性能機械の導入可能
残材の有効利用 2.林地残材の回収 @林地残材を回収、有効活用(有価) ・木質チップに加工→発電に利用 等
・林地に何も残さない