「植栽本数減」「下刈り省略」が 低コスト林業

1:植栽本数を減らし、ツリーシェルターで保護する

★ シカの食害を防ぎます
★苗木代が減ります (3000本/ha→1500本/haへ変更なら 苗木代が半分に)
★シェルター代も同じように少なくて済みます

■ 植栽から3年目のスギ造林地 『大分県』

シカの激害地。当地は過去にシカの食害を受けた不成績造林地。
改植にあたり、植栽本数を1,500本/haと従来から半分に減らし、
ツリーシェルターで保護した

 

2:下刈りを省略

★ シェルター設置木の上長成長は早い
   (スギ:2倍 ヒノキ:1.5倍 広葉樹:2.5〜3倍)
★新植の場合、シェルターを設置すると下刈りは省略できます
   ( 改植地の場合は、設置後1〜2年の下刈りは必要となります)

■ 植栽から3年目のスギ造林地 『徳島県』

シェルター設置木の上長成長は早いので、当地では下刈りを省略し、
更に植栽本数を減らした(1500本/ha)、確実な成長と同時に、
再造林の低コスト化を目指した。

 

★ 詳しくは ★