ヘキサチューブ TOP > 1.低コスト造林用チューブとは


@「低コスト造林チューブ」開発コンセプト

多数の林業関係者様から、以下のような意見が寄せられています。

・現在の造林補助金の枠内では「シカ柵」が経費的に現実的な選択
・しかし、倒伏による侵入等、防除が徹底しない現実がある
・防除の精度をあげようと思えば、シカ柵もより強度のある製品選択が必要な時がある
・そのコストはかなりの負担になる
・最良の防除法を選べている訳ではない
・ただ、最安の防除法を選択しているだけの場合が多い
・林業を巡る環境は依然厳しい
・出来るだけの低コスト化は努力してきた
・シカ害対策が最後の課題であり解決できていない
・ヘキサチューブを使ってみたい
・ヘキサチューブは高額で、補助金での使用は難しい・・・・
・低コストのヘキサチューブを開発して欲しい

そこで、「低コスト造林チューブ」の開発を進めることにしました。
現在のチューブの仕様をできるだけ軽量化・簡素化し、
今のヘキサチューブの仕様では、
オーバースペックで高価であると思われている各方面の方々にも、
チューブの効用を享受していただければとの考えです。


ヘキサチューブ TOP