植栽本数比較試験地

試験地1.新元重山国有林 755ろ林小班 (広島県福山市新市町)

1973年3月 スギ 植栽
植栽密度:1,000本/ha 1,500本/ha 2,000本/ha 3,000本/ha
写真撮影年月日:2020年1月29日 (47年経過)

3,000本/ha 2,000本/ha
1,500本/ha 1,000本/ha
試験地2.新元重山国有林 755ち2林小班 (広島県福山市新市町)

1974年3月 ヒノキ 植栽
植栽密度:1,000本/ha 1,500本/ha 2,000本/ha 3,000本/ha
写真撮影年月日:2020年1月29日 (46年経過)

3,000本/ha 2,000本/ha
1,500本/ha 1,000本/ha
試験地3.京都府立大学大野演習林 9林班い小班 (京都府南丹市美山町)

1967年4月 スギ 植栽 (ヤマグニスギ 実生苗)
植栽密度:1,500本/ha 2,500本/ha 3,500本/ha 4,500本/ha
写真撮影年月日:2019年12月6日 (52年経過)

4,500本/ha 3,500本/ha
2,500本/ha 1,500本/ha

■当試験地は、京都府立大学助教授でいらっしゃった本城尚正先生が設定したものです
■各植栽密度において「無除間伐区」「除間伐区」の2パターンで試験設定されていますが、上記写真は「無除間伐区」のものです
■写真内に見られる倒木は、過去の台風によるものです。また、樹幹解析のために伐採されたものもあります
■1998年に行った調査報告書もご参照ください

 

★ 詳しくは ★