ヘキサチューブ TOPチューブ法のコンセプト


「野生動物と共存」 「自然植生と共生」

「野生動物と共存」

野生動物のいない森林は存在しません。
彼らには縄張り意識はあります。
行動の制限はできません。
彼らは自由に山野を移動します。

チューブ法は、
彼らの自由な行動を損なう事無く、
苗木のみを一本ずつ保護し、野生動物から守る技術です。
野生動物を排除せず、目的の森林を作ることを目指します。

「自然植生と共生」

周辺植生は林業にとって敵のようです。
植栽木の栄養・水分等の確保、光の確保、蒸れ防止(?)、
等の目的で、毎年刈り払われるのが一般のようです。
しかし、デメリットだけではありません。
繁茂した草は
林地の湿度を保持します。
植栽僕に対する風衝を和らげる働きもあるでしょう。
土壌水分保持にも効果がないでしょうか?
植栽木を目立たなくする効果もあるでしょう。
また、野生動物の餌の供給源にもなります。
チューブ法は、上記メリットを持つ周辺植生を刈り払わず、
植栽木の成長を促し共生することを目指します。




野生動物と共存=「林地から野生動物を排除せず、
苗木を育てる」
自然植生と共生=「周辺植生を刈り払わず、苗木を育てる」


ヘキサチューブ TOP

効果とコンセプト